FC2ブログ

「内面」に2義あり

空手の先生はよく「内面ができとらん!」という指導をされた。先生に質問することは非常に難しい雰囲気だったので皆「自分ができていないことはわかるが、どうしたらできるようになるのかわからない」というのが正直なところだった。

さて、私の教室では「ハラの力」を重視する。いわゆる古流(古流空手、中国武術、合気など)は体幹部に威力の源を持つことが多い。腕力、脚力に比べて体幹は格段に強い力を出せるかわりにコントロールが難しい。腕や足などに無駄な力が入っていると体幹の力がスムースに伝達できない。逆に言えば力の源である体幹の力をコントロールできれば大きな力を使うことができる。当会の指導では「ハラの力ができてきた(或いはできていない)」という表現をすることが多い。この意味で内面(=ハラ)の力を創れ!、といった表現を使うことはある。

ただ、冒頭紹介した沖縄空手の先生はより次元の高い意味で「内面」という表現を用いられていたのではないかと察する。先生のレベルでは単なる打撃や手足の操法、脱力やインナーマッスルといった技術を超えた「気」「品格」を中心に説かれていたように思う。空手の動作を通じ、人間としての品格を高めることを「内面」と称せられていたのではないだろうか。だらしなく生きている人間と日々高潔に生きる人間とでは面前に立った雰囲気が異なる。武道家なら山岡鉄舟のように武技を超え、武徳で相手を制することこそ武道の究極とも言える。

もちろん私のレベルではそこまで及ばない。何年稽古してもいまだに空手の術理を模索しているのが実情。もちろん術理やトレーニングを超えた内面の力(人格)は否定できないが、そこに至る前に武道としての内面の力(体幹部の力)をつけることを先決としている。

平櫛田中作 「尾上菊五郎」。昭和の大物芸術家の内面を「ハラ」も「風格」も見事に表現している



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

内面

 私が薄々感じていたことは、方向性としては正しかったということが記事を拝読してわかりました。ちょっとだけほっとしています。まだまだ、ここに書かれているような高いレベルには達しておりませんが、「カキエ」の稽古を始めた当初、「接触点を意識するな」ということを厳しく注意されました、素人目には「腕と腕との力比べ」にしか見えませんでしたが、そういう外形とは違ったところに大事な何かがあることを感じたのはそれがきっかけです。「手で受けるな、背中で受けろ」のような禅問答もどきの指導をうけながら、その意味をずっと考えてきましたが、最近その意味の一端がようやくわかりかけてきました。ちょっと見ではわからない、内面に秘訣があるという具合に理解をしております。そして、たどり着いたのが「腹圧」だったのです。現在、腹の正面を膨らませずに、脇や背中が膨らむような呼吸法を練習していますが、これが正拳突きや受けの秘訣の一つなのかもしれないと、考証を続けています。そして、貴会のツイッターの動画を参考にさせていただきながら、脱力の意味をさらに考えさせていただいております。
 
 

No title

有明さん、コメントいただきありがとうございます。回答遅くなりすみません。
「内面」「背中の力」云々にかかわらず日本語は表現の豊富さでは世界有数でしょうが反面具体性に欠ける欠点があります(このあたりは有明さんならよくご存じでしょうが)。これに「弟子たるもの、師匠に気軽に質問するものではない」ことが美徳とされる国民性がプラスされると時代を経るごとに「同じ師匠から同じ技を教わっているはずなのに弟子によって解釈がまちまち」といった現象がおこりますね。
またお会いする機会に腹圧、脱力については詳しくご説明したく思います。

宇城空手の内面、以下の通りです。
https://gbring.com/sokuho/result/result2007_11/1104_hokutoki.htm
藤松先生は大道塾で、数見先生、岩崎先生はセミナーで技を体験する機会が御座いました。いずれもフルコンというか、格闘技とは全く違う術理でした。気が付いたら当てられ、投げられているような。。。自分の記憶が途切れるような感じがありました。その瞬間が無くなっているかのような感じと言えばいいでしょうか。不思議な体験でしたが真実です。また宇城先生に技をかけられた感覚と全く同じでした。

No title

体験者さん、コメントありがとうございます。
藤松さんにはお会いしたことはありませんが私の知る限り宇城先生のレベルで術が使えた人は門下生(御身内含め)に一人もおりません。もし、2-3年の稽古歴(2007年時点)で宇城先生の技術を習得したとすれば桁外れの武術センス(格闘センスに加え)と努力をされた方だと思います。
プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪市内、三木市内で沖縄空手を指導しています。東京稽古会も活動中。型で身体を創り、組手に活用します。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
526位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
42位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
おすすめ本・DVDなど
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア