記事一覧

約束組手の投げ技

本日は臨時に稽古を行い当会の設立メンバーのM君、S君が参加。
特にS君はかなり約束稽古での投げ技が板についてきた。ほとんどの投げは左手で相手の突きを受け、右手を軽く相手の腕に添えて投げるという形なのだがあまりに受け手を意識しすぎるとスムースに入れない。左手は受けるというよりも軽くさわる程度の感覚のほうがセンサーが効いて相手に素直に入れ、技をかけることができる。
もちろん身体の感覚が発達し、かつ足腰の強靭な相手にはさらにレベルの高い技法が必要になろうがまずは「受け」という言葉に騙されず、まっすぐに入る感覚がつかめればあとは回数を重ねることで身体を創ってゆけるはずだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
980位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR