記事一覧

2006年10月29日

29日の稽古は最年長のF氏とマンツーマンの稽古。
このFさん、40代半ばになって空手をはじめたのだがさすがにそれまでウエイトトレーニングで鍛えただけあって技術はともかく組手での突進パワーはなかなかのもの。半面、ウエイトをやった弊害で腕の不要な部分に力が入りすぎる欠点があったがこの2,3ヶ月で驚くほどの進歩をみせる。パワーは一概に否定すべきものでなく、パワートレーニングによって鍛えた不要な力(というか力み)が技を殺してしまうのだ。
他のメンバーに比べるとぎこちなかったナイハンチもかなりの上達をみせており、腰と上半身がスムースに回転。現在手の怪我で自由組手は控えさせているがこの調子で伸びてくれれば他のメンバーとまた組手をさせるのが楽しみだ。普通なら壮年部の年齢のFさんが20代の他流派指導員と組手を行えるのも武道の妙味か。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR