記事一覧

2007年10月21日(日)

今日の稽古は私が以前所属していた流派の後輩X君をゲストに呼び、会員の型を矯正してもらった。
生徒ひとりひとりに個性、癖があるように指導する側にも個性、癖がある。同じことを指摘しているのだが変わった表現で指摘されると生徒の気づきかたが異なってくる。基本に忠実に、地道に繰り返しは確かに大事だがマンネリ化をさけることは指導する側の義務といっていい。
本日の稽古でX君は「サンチン要請ギブス」とでもいうべく簡単な補助具を使って型の姿勢を矯正する稽古法を示してくれた。効果があったようなので今日これなかった生徒にも試してみよう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
67位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR