記事一覧

2007年10月27日(土)

当会最年少のEY君、当会では最軽量ということもあってか毎回のようにボディへのパンチで悶絶しているが来る度ごとに上達を示してくれる、指導する側としては喜ばしいかぎりだ。
今日はサンチンの応用での投げ技をはじめて教えたところ思ったよりスムースにかかり投げ技そのものよりも「相手にまっすぐ入る」ことの重要性を体感できたようだ。当会会員たちも私が用いる武術用語(ほとんどは私が所属した流派の引用だが)が頭では理解できても自分で会得するまではなかなか身体では理解できない。しかし一度体感できればそれほど複雑な術理をやらせようとしているのではないことが頭でも身体でも理解できてゆく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
897位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
57位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR