記事一覧

自由組手−間を制してゆく

武道・格闘技歴が浅かったり、組手でどのように攻めたらいいのか迷いこんでしまうタイプの生徒との自由組手の場合、当会ではお互い自由に戦うというよりある程度指導的に相手との間合いを制することを中心にした組手としている。
例えば長身の相手の顔面を打つ場合、無理に当てこんで行くと僅かな相手へのダメージと引き換えに大きくこちらの体勢が崩れ、結果的に相手に主導権を許してしまう。
型で示しているように自然な姿勢を保ち、当てに行くよりは型どおりに手を出すだけで相手との間をつめることができ、組手の主導権を握ることが容易になる。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
70位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR