記事一覧

サンチン − 受けの基本「中割れ」

サンチンの型の終わり近くに「中割れ」と呼ばれる動作がある。
両拳を胸の前で合わせ、やや内側から輪を広げるような要領で外側に手刀を張り出すように相手の攻撃を受ける動作である。
このままの形で自由組手に使うことはまずありえないが受けの要領を覚える重要な動作である。覚えの悪い私はある程度この型が満足にとれるまで長期の稽古を要したものだが当会の会員達は1−2年でマスターしつつある。型に入ったときにはお互いあっけなく相手の突き手を外すことができるのだ。外す、受けるという意識を抑え、自然に柔らかく輪を広げる動作が諸々の受け技の基本となるのだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
980位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR