記事一覧

サンチン−突きの手が活きる

多くの空手流派は突きの基本稽古において突く前に拳を腋の下、あるいは腰の横においている。いずれにしても身体の側面まで拳を引いている。

このような姿勢について実戦性から疑問が呈されてかなりの年月がたつ。結論から言えば組手にそのまま役立つか、という点ではこれらの疑問はまったく正当なものだ。

基本技はそのまま組手や実戦に使うものでなく基本技を創り、姿勢を整えるものだ。
サンチンの型が出来つつあるか、の検証法でパートナーが引き手をとった相手の拳を横(熟練者には前方)から押さえ、それに対して途中で詰まらず自然に突きが出せるようにする鍛錬がある。筋トレとは違った鍛錬だ。

もちろん組手でサンチン立ちが出ることはないし、引き手を身体の横まで引くこともありえない。しかし素人ではできない突きを創出することにより、距離に関わらず突きが生きていく、いわば空手の技としての突きを創るのである。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

コメントありがとうございます。相手を掴んで引きよせる引き手の用法もありますね。ただヤミクモに引き手を引く練習をしても実際それほど引き手(あるいはヒジ打ち)の威力は強化されない。あくまで正しい型の中で隠し技も強化する、というのが当会の稽古法です。

空手の極意

引き手は体の軸を意識するためと指導する会派もありますが…相手を掴み引き付けて突いたり、肘打ちしたりする意味合いが本来の引き手でしょう。空手は突き蹴りだけと思ってしまうと違う道に進んでしまいます。掴んで崩して裏拳や刀峰と手技が生きてきます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
872位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
50位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR