記事一覧

2006年11月12日

今日は体育館で型のチェックを重点的に、また蹴り技の基本および足技を用いた約束組手を行った。
S君は蹴りを中心とする流派の指導員で大きな蹴り技が出せるのだが威力が軽いのとモーションが大きすぎるためなかなか組手で活用できなかった。先週、今週と低い突き刺すような蹴り技をノーモーション(実際には多少の起こりはあるが)で出す方法を教えたところさすが足技に素質があったのか約束組手でパートナーが嫌がるほど蹴りが重くなる。わずかな力の抜き方、使い方を覚えることにより特定の競技にしか使えない技が違った次元でも活きてくる、今日はS君も自分の身体と技で体感したことだろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
648位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
39位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR