記事一覧

正座した状態からの投げ技

今日は久しぶりにお互い正座した状態からの投げ技を稽古したところ古参のM君がきれいに技をきめていた。組手などに使用できる技ではないが、ハラの安定を確かめるのに適した稽古である。

お互い正座で正体し、受け(投げられる側)は拳を固めて前に出し、取り(かける側)は相手の手首を掴んで向かって左側(すなわち相手の右横方向)に放り投げるものだ。

間違えやすいのは投げようとする意識が強すぎるあまり相手の手首を痛めて投げようとすることだ。固めた手首はかなり強く、手首を目標に投げようと思ってもきまるものではない。稽古のたびにフラストレーションばかりがたまるだろう。

自分のハラを安定させる稽古であるが同時に相手のハラを浮かせる稽古でもある。すなわち目標を相手のハラにおいて技をかけるとあっさり相手をころがすことができるものだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1068位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
68位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR