記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応用型

当会では稽古時間のおよそ3分の2くらいを型のチェック、検証で費やしている。型そのものの巧拙ではなく、型を通じ身体を技が出来上がってきているかを確認するためのものである。
ある程度稽古回数が過ぎた会員はほとんど基本型のサンチン、ナイハンチがサマになってきている。このところは応用型(クーサンクー、パッサイなど)も教えているのだが基本型でできていた姿勢が突然応用型になると崩れてくることがある(不自然に腋に力が入ったり、腰を反りすぎたり、など)。これらの武道の原則から外れた姿勢は当然サンチン、ナイハンチの稽古時にも十分注意し、矯正すべく心がけている。ところが応用型に入り、動きが大きく、早くなってしまうととたんに忘れてしまうようだ。
応用型は基本型と異なり多くの技を示している。それらの動きにのみ気を捕らわれず、基本で覚えた姿勢、呼吸を覚えこませる意味で応用型を稽古してほしい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
969位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。